• このエントリーをはてなブックマークに追加

屋外型のトランクルームは階段にも照明もあるため安心です

トランクルームには建物内部に収納スペースを設けた室内型と屋外型のコンテナボックスタイプなどの種類があります。賃料は屋外型の方が安いケースが多く道路沿いなどに施設があり、敷地の中にマイカーを乗り入れして家財道具の出し入れが出来るなどの利点を持ちます。また、コンテナボックスは1階だけでなく、2階建てになっている所も多くあります。2階部分は階段の昇り降りがあるため、1階の収納スペースよりも賃料を安く抑えているケースも多くあります。賃料を節約したい人などから人気を集めています。 夜間の出し入れが必要になる事も多いかと思われますが、照明などの設備が用意してあります。そのため、懐中電灯を片手に出し入れをするなどの不便さもなく利用する事が出来るなどからも人気を集めています。

屋外型のコンテナボックスのメリットについて

コンテナは鉄製の箱のようなもので、これを敷地に並べる、もしくは2段にして階段を設置しているのがコンテナボックスです。コンテナボックスはトランクルームの屋外型のようなもので、24時間ものを出し入れ出来るようにするため、照明などの設備も用意してあります。コンテナボックスの広さは2畳ほどのコンパクトなものから6畳などの広いスペースのものなど、利用する人のニーズに合わせて用意が行われています。 内部は広い空間になっていて、空間を自由に使えるメリットがありますが、利用する時には整理棚などを使って使う人が多くいます。尚、2段になっているコンテナボックスの場合、2階部分は階段を使って利用する事になる事からも、賃料は1階よりも安くなっているなど、費用を抑えたい人からの人気を持っています。

室内型はセキュリティや空調設備などが充実しています

一般的に、屋外型はコンテナボックス、室内型はトランクルームと呼ばれています。室内型はビルのワンフロアーを収納スペースとしているタイプ、ビル全体を収納スペースにしているタイプなどがあります。 ビル全体を収納スペースにしてサービスを提供している会社などの場合、テナントの賃料などが掛からない分、レンタルスペースの賃料を安くしているなどの魅力もありますし、ビルの管理自体も行っているので、高いセキュリティが設けられているなどの安心感もあります。 24時間利用が出来る施設が多くありますが、高いセキュリティを持つ施設の中には常駐スタッフが在籍している時間帯のみ出し入れが出来る所もあります。尚、ビル全体もしくはビルのワンフロアーを利用した施設の場合、エレベータが完備してあるので荷物を運ぶ時でも便利です。